読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロマンはどこだ?

そのとき思ったことをなかったことにしないために

それじゃまたね、(8/14の話)

中学生のころからSMAPが好きで、中居くんがいっとう好きだった。

そんなSMAPファンのここ数日間の心境。結果的にかなり能天気です。

 

解散が発表されたとき、彼らのコメントを読んで、もうどうしようもなく悲しかったけれど、どこかで「これで落ち着いてくれるなら」という感情もあった。

1月から始まった、彼らに関するあることないことがおもしろく報道される毎日。彼らが口から発した言葉でさえ、なにひとつそのまま受け入れられなかった。そういう日々が辛くて、解散なんてするわけないと思っていたけれどでも辛かった。彼らの関係性を面白おかしく想像で書いているような記事はまったく信じていなかったけれど、それでも心はすり減る。

そして、結局、まったく望んでいない方向とはいえ一つの方向が定まった。発表された日は、自分でも妙にすとんと受け入れてしまった。フォロワーさんとリプライしてて気づいたが、たぶん、疲れていたんだと思う。

 

彼らが存続をあきらめたことは悲しかった。だけど、それを選ぶしかないぐらいにどうしようもない状態なのだと悟った。

「彼らはただ解散を選んだ」わけではないと思っている。それだけは主張したい。いろいろな困難があって、もうどうしようもない状態で、彼ら自身の人生と矜持のためにその道を選んだのだと信じている。

私は自分の感覚に自信がないから、自分の好きなものが否定されると困惑してしまう。ましてや彼ら自身に彼らのことを否定されてしまうと、寄る辺がない。私が見ていた十二年間がボロボロと崩れてしまう。だから、これは私のためだが、彼らの選択が追い詰められたものであってこそのものであってほしい。

彼らが彼らのグループを諦めるなんてことは、あってはほしくない。信じられない。

「信じたくない」ではなく「信じられない」。発表から一週間、ずっとその気持ちがある。

だからこそ期待してしまう。ファンのためではなくて、彼ら自身の矜持のために。

これは私の勝手な希望的推測だが、きっと彼らはまた戻ってくるのではないかと期待している。「事務所との契約を更新した」ことについて、事務所の罠という見方もあるが、私はなんとなくいつか風向きが変わった時に華麗なる逆襲をするためなんじゃないかなぁと思った。彼らの活動を阻止しているだれかの生命的な余命が年内なのでは?なんちゃって。

事務所の人の文書にも無念さがにじみ出ている気がする、というツイートを見かけた。そう思って読み返したら、たしかにそう読み取ることも出来る。ツイッターでヲタクが、じぶんのおばさんがその文書を書いているみたいなことをほのめかしていたが、そのおばさんをはじめとして事務所内に味方がいることを祈る。事務所は敵だけどすべてがすべて敵ではないと思いたい。だってだれがスマップと対峙できるんだよ。怖すぎだろ。中居くんの命令を受けた慎吾にプールに投げ飛ばされるぞ。

 

また、身勝手なことだが、今回の解散騒動について、中居くんがスマップを存続していくという立場になったことが私は嬉しかった。

私は、そしてファンのある一定の層は、いつも中居くんに期待してた。木村くんの結婚もごろちゃんもつよぽんも、森くんも、いつも中居くんがなんとかしてくれた。「中居くんが最後にはなんとかしてくれる」と期待してた。今回は期待しすぎてしまったということはたしかにある。

でも、やっぱりその期待を一身に背負ってガハハと笑っている中居くんこそが私の好きになった中居くんだ。下3人にSMAP愛がないとは決して思わない。彼らも自分の矜持と、グループへの愛としてその道を選んでいると思いたい(コメントがほんとに彼らの真意なのか?という点はおいておいて)。下3人が自由に個性的に活動して、木村くんが矢面にたって、そして中居くんが守る。私はね、そういうスマップが好きなんだ。

だからいまもある意味その形に、不本意ながら近い形では、ある。だからこそスマップがこのまま終わるとは思えないのだ。

とはいえ、彼らがもう5人の形を望まないのなら、それはそれで、もう大丈夫だから、せめて彼ら自身の納得できる言葉が聞きたいなぁ。欲深いかな。

 

そして遅れましたが、中居くん、誕生日おめでとう!!!!!

十年前か数年前彼のMYOJOで「夢はもうない」と語った中居くんの、夢が、いまどういう形になっているか私には計り知れないけれど、どうか、あなたの望みがすべて叶いますように。

六本目の指(シゲ主演24時間テレビの原作を読んだ)

 今年の24時間テレビの原作を読みました。

ノンフィクションというとやはり当事者の感情、努力の大きさが語られることが多く、そういう内容を予想して読み始めたところすぐに裏切られた(※そういう内容の本も好きです、あしからず)

 ところどころクスリとさせられるユーモアの詰まった文章で自分の今置かれている環境を説明し、どうしてここまで来れたのかを病院や学校、教育委員会の仕組みを交えて分かりやすく解説、そして最終的には憲法ノーマライゼーションという枠組みまで話が広がっていく。さすが国語の先生、と思った。

深刻なことを、あまり深刻に書きすぎていない。

 「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」(伊坂幸太郎/重力ピエロ)

陽気というほど陽気ではないけれど、感情的になりすぎないことで見えてくる世界もある。

 

「個人的なことは政治的なこと」というのは、フェミニズムとかジェンダー論を語る際に出てくるキーワードなんだけど、読み終わったあとこのフレーズを思い出した。本当のちゃんとした意味とはすこしずれてしまうが、一人の経験談から社会に目を向けられるように話が繋がっていくのはすごいな、と。中学校の先生が中学生向けに書いた(たしか)というと納得がいく。

 

それとは別に、

という話は、ネタバレなのでこれから読む人は知らないで読んだほうが楽しいと思うよ!

続きを読む

必要だった時間と、待てなかった人 (2016/06/15 少年倶楽部プレミアム)

少年倶楽部プレミアムに、関ジャニ∞が出ることが分かったのは先月のこと。

4月に出演したジャンプは選抜メンバーだったため、エイトも3~4人出演では?とささやかれ、とある一定数のファンが気にしていたのは、「亮ちゃんが出るのかどうか」ということ。

「共演なんて期待できない」って言う人が多かったけれど、私は、亮ちゃんが出ないとしてもそれは脱退が理由ではなくてたんなるスケジュール的なものが理由だろうと思っていた。だって、いっぷくで、まっすーと共演してるから。2年前に共演して、今共演出来ないわけがない。

なぜか今月はやたら情報が出るのが多くて、結局亮ちゃんが出ることが分かったのは2日前の月曜日のことだった。

「錦戸が語る増田の素顔」というあおりで亮ちゃんの出演が確定となった。

 

放送のこと

ふたを開けたら、エイトは7人全員出てきた。

「元同僚」と言われて苦笑いだか照れくさそうにだか、目を合わせられないと笑っている亮ちゃん。それを見て笑っているニウス。なんて平和な世界だろう。

まっすーが「僕昔から(本番でオーバーヒートする←なんだこれw)そうでしたよね?」って亮ちゃんに同意求めたところ、すごい!えらい!と思った。これ視聴者望んでたシーンだよ。

それで、「まっすーは頑固だった」って言われて、錦戸くんに自分の話されて、まっすーめっちゃ嬉しそうだったね~~~~すごいな~~~やっぱりまっすーは1回いっぷくで共演してるからそこらへんがするりといけたんですかね。見ていて微笑ましかった。

そのあとのから揚げトークも最高だったな~~。「亮ちゃん・錦戸くんから握りつぶされたものを渡されたことある」っていう慶ちゃん、てごちゃん、シゲ、「俺だけもらってない」っていうまっすー。かわいかった。

「錦戸くん怖かったから握りつぶされたから揚げも食べましたけど!!!」(意訳)

拗ねシゲ…………;;

 

亮ちゃんは昔っからちゃんとメンバーと距離近づけて、メンバーとコミュニケーション取って、ちゃんとやってきた人だったんだな。方法はわけわからんけど。笑

それに戸惑ったり、怖がったりしても、いまやこうやってやいのやいの言えるようになってる。このやいのやいのいう感じって、まだ6人だったころ、山下くんが「最近はてごしとまっすーが俺に文句言ってきたりして、良い感じだ(超意訳)」って言っていた雰囲気だと思う。

良い感じなんだよ、つまり、いま。

4人になってよかったとかじゃなくて、でも絶対6人でなきゃだめだったとかも決めつけられくて、これもう白黒はっきりつけられる問題じゃないんだけど、でも4人になったことは事実で。そうして道が分かれて、こうやって別グループとして番組に出て、でも当時のこと笑って話せるって、すごくいい関係性だ。胸がぎゅううってなって泣いた。

時間が、ゆるやかにいろんなこと、みんなの心を、ゆるゆると緩ませて、滑らかにしていった。はまらなかった歯車がするりとはまってそれぞれが交差しながら進んでいく。

こういう日が来るなんてなぁ。いつか来るのかなとは思っていたけれど。来たんだなぁ。すごいなぁ。

もう一人のメンバーのこと

でもさあ私はさあ、ニウスの山下くんがすごく好きで、シゲを好きになったきっかけの一つも「山下くんが誕生日祝った人、なにそれ、気になる」だったので、どうしても山下くんのこと切り離せないんだ。

あの、プレミアムの平和な空間、私がニウスを好きになった当時の6人のうち5人が集まって、わあわあ騒いでいるあの空間に、山下くんがいたら、私はもっともっと嬉しかった。それを想って、また泣いた。

私の、ニウス歴の原点の、6人が、見たい。

 

でももし山下くんが出演したら私の喜び以上に、興ざめするであろうひとがたくさんいることも分かる。

NEWSの番組に関ジャニ∞が来る。グループの番組にグループが来る。それだけで、脱退が致し方なかったものに見える。掛け持ちしていた当時の亮ちゃんは誰が見ても大変そうだったし、どっちかが動けばどっちかが動けないしで、うまくやっていきたかったけれど歪みは少しずつ見えていた。「だから脱退した」っていう理由が分かりやすい。

脱退した流れとしては「山下くんが先に脱退を言い出して、それに亮ちゃんも」っていうのが4人から語られているけど、それはそれとして、「脱退した理由」だけで考えてみれば亮ちゃんは明白で「しかたがなかった」って思ってしまうんだよ。

もしいろんな壁がなくなったとして、山下くんがこの番組に一人で来たとしてよ。グループと個人という画面を見たら、脱退した理由がなんかいまいちぴんとこなくて、「ニウスが嫌いになったのかな」ってなるじゃん、やっぱり。

亮ちゃんと山下くんは、立場が全然違う。

なんだかそれを改めて突き付けられた気がした。

 

そういう立場の違いをおいておいても、山下くんは、ニウスという存在を振り返るのが早かったよね。早すぎたよ。

数年経ってからこうやって番組で共演したらあのころを振り返って笑い合えたのにね。

脱退した翌年だったっけ?ニウスツアーより前に始まったコンサートで、ニウスを脱退した話に触れて自分に手紙を読んだ山下くん。そらニウスファン怒る人もいるよ。怒らなかったひともいるけど。

私はどっちだったかなあ。でも少なくとも、脱退したんだったらもっと誇り高くあってくれって思った覚えは、あるな。

ニウスがチャンカパーナを披露するよりも早く、山下くんが「チャンカ~」\ぱーな~/ってC&Rやったこともありましたね。さすがにあれはイラッとした。笑

思うようにいかなくて、でも一人で、いろいろ焦っていたんだと思う。ランキング1位も取れなかったし。だけどそれこそあのときはみんなナーバスだったから。

こうやって今笑い合っているニウスとエイトを見ていたら、山下くんも時間がある程度お互いの感傷を滑らかにしてからだったらもうちょっとやさしく見守れたのかなぁって思うよ。

山下くんは私たちと生きている時間が違うのかな?2,3年進んだ世界線で生きてるのかもしれないね。もうちょっとゆっくり歩いてくれていいんだよ。

 

番組を観終えて

私は、山下くんとニウスの共演が観たくて、今回のエイトの共演は「うらやましい」という感情がとても強かった。全然わくわくしてなくて、むしろその話ほんとにしたくなかった。イライラと同時に自分の心の狭さを見せつけられる感じがして……

でも、さっきプレミアム観終わったら、「私、亮ちゃんのこともすごく好きだったな~」と思い出しました。

初めて行ったニウスコンで機嫌よく楽しそうにしていた亮ちゃん。「シゲはうちの犬よりかわいいよ」って言い出す亮ちゃん。みんなに自分の手の油つけた食べ物を渡す亮ちゃん。面白いなあ。

番組観終わって、ようやくフラットな気持ちになれて、よかった。

ニウスに、少クラプレミアムの司会という仕事がきて本当に良かった。メンバーがそれぞれの時間を生きていることが、それなりに傷を負いながら笑って生きていることが、わたしを、ファンを、拾い上げていく。

だいぶゆるやかな気持ちになったので、私は過度な期待はしないで生きていきます。

NEWSに歌ってほしいポルノグラフィティの曲たち

先月にブームになっていたポルノ×NEWSについて記事が書きたくて、持っている音源一通り聞いて確認してた。そしたらもう月が変わってしまったしニュースのツアーも終わってしまった。笑

先駆者様たちはこちら。

 

penguinkawaii.hatenablog.com

 

imoko0706.hatenablog.com

 

 

メンバー1人につき3曲をコメント付きで、あとは選べなかったものをポツポツと。

 

慶ちゃん

1.ビタースイート

ビタースイート - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

『雲をも摑む民』収録。

スイーツ大好きな慶ちゃんにあえて「スイート・スイート・アンド・ビタースイート・ダーリン」って言ってほしい。

慶ちゃんのまっすぐに、私たちファンを「好き!大好き!ありがとう!」って伝えてくれるところももちろん好きなんだけど、対個人女性、とくにもう自分に愛情を持っていない、うまく愛を伝えることができない人に対しては辛辣だったりどこかドライだったりすると良いな……萌えるな……と思っています。なので、この、「彼女と別れようとする彼氏のどこか屈折してゆがんだ愛情を描いた曲」を気だるげに冷たい目で歌ってほしい。

「退屈で息絶えた おかしいのは僕の頭(ここ)か?」って眉間にしわ寄せながら頭を指差してほしい。かっこいい……いいよ……!(妄想で興奮するヲタク)

雰囲気的にも曲的にも低音が映える曲なのであってると思うよ。

マイクスタンドでマイクを祈るように持って、ファーのついた衣装着てなにかを叩きつけるように歌う小山さんが私には見える。

 

2.Hard Days,Holy Night

Hard Days,Holy Night - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

愛が呼ぶほうへ』c/w

小山さんといえば日テレ会社員。会社員、社会人を描いた曲はいくつかあるのですがその中で小山さんっぽいかなぁと思ったこちらの曲を提案させていただきます。

クリスマスイブに彼女に「早く帰ってきて」ってねだられて、でも全然仕事が終わらなくて終電のベルを聞きながら、明日も朝早いけど、プレゼントも持ってないけれど、とにかく彼女のところへ走る彼氏の歌。

かわいいよね?!かわいいんだこれが。

『女の子はなぜこうも イブに厳しいの』

慶ちゃんってラブコメの主人公枠みたいなところあるじゃないですか……?ね?まあいつも振り回してるのはメンバーだけど。振り回されても、楽しそうに笑ってる。まあ最近は蹴っ飛ばしたりしてるけど笑

振り回されることを楽しめる人だと思うので、この曲歌っても悲壮感はないというか、どこか「でもワクワクしてる感」で歌い上げられると思うんですよね。そこらへんのさじ加減がファンを裏切らない感じでうまくやってもらえるんじゃないかと。

シゲが歌ったら「シゲ部長は女の子の気持ち全然分かってない」ってシゲ部にメール来ちゃうよ。

 

3.うたかた

うたかた - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

『THUMPx』『PORNO GRAFFITTI BEST JOKER』収録

慶ちゃんと言えばやっぱり失恋・悲恋曲のイメージ。

「胸は爛れ締め付けられてもどうか恋をとがめないで」

っていうところでマイクスタンドで(お分かりかと思いますが私はマイクスタンドが大好きです)、衣装の胸のところぎゅって掴みながら歌ってほしい。ツアー終わるころには衣装ちょっと伸びてるんだ。

世界観がちょっとファンタジーなので慶ちゃんのソロ曲のなかにはあまりないタイプだけどたまにはどうかな?二胡の音も素敵な曲です。

 

ほかには、『東京デスティニー』『サボテン』『Please Say yes,yes,yes』なども。

 

まっすー

1.ポストマン

ポストマン - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

『ギフト』c/w

「赤く塗られた自転車に跨がって」世界中に手紙を配達する郵便屋さんの歌。なぜか差出人に対して強気で「宛先は!強く書け!届けてやらねぇぞ!」っていうところがまっすーっぽい気がして。笑

「どこまでも行こう 君が望むならば」と、ためいきに溢れた手紙だって、なんだって、確実に世界中にお届けするポストマンの仕事人ぶりがかっこよくて好きなんですよね。帽子かぶって制服着て、さっそうと自転車でかけていくまっすーカッコいいと思うのでMVまでセットでお願いします!

いつか「君の口笛が漏れるようなそんな手紙書いたら 風よりも早く運んでやる」優しい優しいポストマン。

 

2.ギフト

www.youtube.com

ギフト - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

シングル。『ALL TIME SINGLES』『PORNO GRAFFITTI BEST ACE』収録。

なんか変ラボとか今日のMC(東京D1日目の夜に書いてます)の「キャラがない」話にひっかけてるようにとられてしまうかもですがまったくそんな意図はないのでご了承ください……。

これはポルノのほうでの話なのですが、私はこの曲に助けられたことが多々あったんですね。どうしようもなくてぐるぐるとしていたとき、この曲を聴いて、泣きながらいろんなことが吹っ切れた。それだけの強いメッセージと、人の背中を押せる強さを持つ曲。

それを、まっすーのまっすーぐーに届く歌声で力強くいろんな人に届けてほしい。

「威風堂々ぎゅっと胸にギフトを抱いたままで 箱の中身が飛び出す時を今や遅しを待っている」

だから大丈夫だ、きみはそのまままっすぐ走っていけって、にっこり笑って歌ってほしい。手を広げてすべて受け取って、さあ、ほら、って背中をおしてほしい。

 

3.ハート

ハート - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

『雲をも摑む民』『PORNO GRAFFITI BEST BLUE'S』収録

徹底してアイドルであり続け、プライベートのことをあまりさらけ出さない増田さん。そんな増田さんに優しい優しい歌声で

「ねぇ君 見てごらん これが僕のハートだ」「もし迷惑じゃなければ預かってくれないか?」

って微笑みながら言われたらたまったもんじゃなくないですか?(もちろんいい意味で)

まっすーのハートはいったいどんな色形をしているんだろうなぁ。最近は少しずつ見えてきているような気もするね。まっすーが、少し弱ってる男を描くこの歌を歌ったら、きっと胸がぎゅっとなる。まっすーも一人の男なんだ、同じ世界に生きる人間なのかもしれない…?と思えるような瞬間を、観てみたい。

次点候補は『くちびるにうた』『黄昏ロマンス』『何度も』。

 

シゲ

1.オレ、天使

オレ、天使 - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

『foo?』『PORNO GRAFFITI BEST BLUE'S』収録

これが書きたいがために記事を書いています!!!

ESCORTのPVのあの白い衣装で『キレイごとじゃないんだよね、世の中』『音楽なんてそんなもんか』って微笑みながら吐き捨てるように歌ってほしい。ということを考えすぎて、それが観られない世界線で生きているのが辛くなった5月のこと。

白Sは歌手だけど(歌手だよね)、天使という設定もありだなと思った。『地球の上飛ぶのって嫌なんだ、白い羽が汚れるから』って言ってそうじゃない?

オレ、天使は音源もかっこいいんだけど、ライブで聴くと何倍何十倍もかっこいい、照明と歌い手の表情ありきの曲なので、白Sのあの右口角あげる余裕綽々の表情がぴったりと頭のなかではまった。

 

2.ルーズ

ルーズ - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

『カゲボウシ』c/w

音源だと出だし、岡野さんの声が少し掠れてるんだけど、そういう雰囲気がシゲの声にあいそう。歌詞も晴一さんのロマンチックが詰まっている曲で、物語を紡ぐことが出来るシゲなら曲の魅力を引き出してくれる。とくに

「形あるものは「いつか」「なぜか」脆く壊れてしまうという」

というあたり、『星の王子さま』で「ひとつだけ、を探して」という歌詞を書いたシゲちゃんなら共感したり意味や意図を踏みこんで考えてくれそう。

あとはね、「星が全部ほら空から落ちる」という歌詞で、今回ソロ曲で客席のペンラを一斉に点灯させたけど、逆に一斉に消すのもかっこいいと思って!

 

3.ドリーマー

ドリーマー - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

『Thumpx』収録

夢の中に好きな女の子が出てくるから、思わず胸に手を伸ばしてみるんだけどその柔肌に手が届く前に目が覚める……という歌です。と書くとなんだかチャラいけど、「違う誰かじゃいやだ」し、結局切ないし、いつかは夢から目が覚めた瞬間も君の柔肌に触れていたい……という歌で……あれなんか結局チャラいな…?笑

これは「ちょっと情けない男の子」という印象のある曲で、夢の中ですらちょっと振り回されかけてるシゲちゃんを想像したらかわいいな~と思ったので。

あとは直接的には関係ないけど、6人時代のときの私個人のシゲのテーマソングがチャットモンチーの『シャングリラ』「夢の中でさえうまく笑えない君のことダメな人って叱りながら愛していたい」なので、「夢の中でさえうまくできない」っていう歌だとやっぱりシゲのことが1番に思い浮かぶのでした。まあ今のシゲなら夢の中でだってなんだってうまくやりそうだけど!

次点は『ジョバイロ』『蝙蝠』『ミステーロ』。

 

手越

1.俺たちのセレブレーション

youtu.be

俺たちのセレブレーション - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

シングル。『RHINOCEROS』収録

ポルノさんの曲の中では結構なトンチキソングだと思っていて、いい意味で、手越くんにぴったりではないかと!

「バナナみたいな銃が狙う 俺のガールフレンド」ってもう歌詞抜きだしてもわけがわからないんだけど、手越君にウィンクしながら銃で狙う振り付けをしてほしい!よくよく考えたらお前が狙うんかい!って感じだけどそれはそれで。笑

歌詞がハイテンションなだけにきちんと歌いこなせないと相当つまらないことになるけれど、手越君のパワフルな歌声とハイテンションさならいける!いけるぞ!

 

2.デッサン#1

デッサン #1 - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

『Romantist Egoist』収録

てごちゃんのソロ曲は失恋曲が多いので、声量を生かしたタイプの失恋曲を提案させていただきたく。いつも曲調ゆったり目のバラード、例えるならば雨が降っている中傘をさして小首を傾げながら歌っているようなものが多いのだけど、そういうのも好きだけど、私は手越のパワフルさも好きなので、傘も意味をなさないような豪雨の中びしょ濡れになってこちらを射抜くような絶望に満ちた瞳でガンガン大声を出しながらこの曲を歌ってほしい!(※そういうMVがあるとかではないです)

囁くようにうたうメロディからの、サビで彼女に「どうか教えて、僕の何を知ってる?」と問いかけるときの力強さ、その緩急をメロディアスに歌いこなすにはてごちゃんぐらいのパワフルさがないと難しいと思うし、こういう歌唄うのを見てみたいな~。大サビでどんどん楽器の音とメロディがずれて不協和音起こしていく結構難解な曲だよ。

 

3.Don't Call Me Crazy

youtu.be

DON'T CALL ME CRAZY - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

シングル曲。『m-CABI』『ALL TIME SINGLES』収録。

手越が「ドントコールミークレイジー!」って歌ってるのなんか歌詞の意味的にもちょっと面白いかなって……思って……コヤシゲあたり「いやいや手越さんクレイジーですよ」って言ってそう。

それはそれとして、「まだ息を殺して 今に見てろ」「泣いている天使には PISTOLを」とかとか、ロックかつファンタジーも混ざっている世界観がかっこいいのでぜひ手越さんんに歌っていただきたく。「PISTOLを」で自分のこめかみを撃つマネしてほしいですよね。それも冷静に考えたらお前が撃たれるんかーいって感じですけどそこは雰囲気です。『BYAKUYA』とか『Wonder』の作り物めいた表情でこっちの心臓を撃ち抜いてほしい。

私てごしにピストルを撃たせたいのかも……しれない……?

他は『2012Spark』『ラック』『鉄槌』やっぱりロック系を推す!聞きたい!!

 

 

 

以上です!3つに入らなかった曲も、結局気分で選んだ部分もあるので、また改めて書きたいな~。

ポルノグラフィティは曲によって世界観も表情もがらっと変わるのでとても面白いです。ハマスタライブ楽しみだな~!!

光忠実在した /舞台『刀剣乱舞』

www.marv.jp

5/9の公演を観に行きました

こういう……アニメや漫画、ゲームの原作の舞台化というものを初めて観たので、いったいどんなもんなんだろうとドキドキしていたのですが、正直、思った以上に良かった!!!

舞台っていうから歌わないかと思ったら最初と最後で歌っててびっくりした。

私は燭台切光忠というキャラがとても好きなのですが、俳優さんがだいぶ声優さんに似せた発声をしていたんですね。

「かっこよくいこう!」の「こう!」に力が入る部分とか、そういうところが本当にそっくりで、光忠の初めてのセリフで感極まって泣いてしまってびっくりした。

「光忠って現実にいたんだ~~~~~~!(´;ω;`)」ってとても興奮した。いやいないんだけど。でもいたんだよ?!すごく光忠だった。

原作の光忠って結構肉感的というか肉付きいい感じで、光忠役の東さんはそれよりかはすらっとしてらしたけれど、でも光忠だった。語彙はどっかいった。私はすらっとしてる人がとてもタイプだったので光忠がそういう俳優さんだったのが個人的にはラッキーというか嬉しかったw

背が高い人って少し猫背というか、頭がちょっと前にでる感じがあるけれど、なんかそういうところも含めて「好き……」って思った。

ストーリーも、2つほど絡み合って同時進行していたのですが、うまくまとまってたし良かったなぁ。ストーリーにも感動して泣いてしまった。

続きを読む

シゲの足もとから頭のてっぺんまで可愛い話('16/6 duet)

duetのインタビュー記事で語られた、

「小山から「最近シゲの好きなキャラクターのスリッパ、いる?」とメールが来たので「いる!」と答えて、スリッパもらった。ツアー中の楽屋で履いてる。自分の足元見て「かわいい~」って言ってると、メンバーに「キャラじゃないだろ!」って言われる笑」

というシゲの話、ウルトラ可愛くないですか?やばくない?やばない?

このエピソード、可愛いところが満載なのと、あとエモい!って思う。

 

まず可愛いのは

・慶ちゃんに知られるぐらいキャラクターをかわいいって言ってるシゲ

シゲははまると熱い子だから分かるっちゃ分かるけど、そこで自意識が邪魔しないんだ!って驚くよね。「『シゲ日焼けサロン行くんだ~』とか思われたらいやだ><」ってなるのに、かわいいキャラクターを好きになることは構わないんだ……。シゲの自意識ライン奥深い。

同時に、キャラクターを見て「あ、これシゲ好きだったな」って思い出してメールする慶ちゃんがモテ男であることも分かるエピソード。

 

・ツアー中の楽屋で履いてる

そんなにお気に入りなの?可愛いね?ツアー中っていつものバラエティの楽屋以上に人が出入りすると思うんだけどまったく人の目を気にしないでスリッパ履いてるんだね。

あと自分のお気に入りのキャラクターグッズを閉まっておかないですぐに使うところもかわいい。いや、これはたぶん、大事に閉まっておいても「しまっちゃうの~~~かわいいね~~~~(シゲ褒め」って言ってると思うけど。

でも衒いもなく使ってるの可愛くない?!それも自意識にさいなまれたりしないんだ?!シゲの自意識ライン謎だよ。

ツアー中に使うものがどうやって運ばれるかよく分からないけど、土地から土地へはツアートラックとか車とかで運ばれるのかな?だとしたらさ、シゲかスタッフさんかがそのスリッパ閉まって、次の土地でまたシゲかスタッフさんが取り出すんでしょ。

それでシゲは1週間とか数週間ぶりにスリッパ観て「やっぱりかわいいな~」って思うのかな?

はい可愛い可愛い

 

・自分の足元見て「かわいい~」って言ってる

これ最高マックス可愛い。なんなの?言ってるシゲが可愛いから。

ふとしたときとか、ソファーに座ってるときとかシャワールームに移動したりするときにスリッパ見て可愛いって思ってるのかな。

バスローブでソファーに座って足パタパタさせて「かわいいな」って思ったりするの?自分の足がそんなにかわいいものに包まれていることにテンションがあがるの?女子かな?(かわいい)

でも登場してくるときの衣装に着替えてオープニング待ってて、靴だけ最後に履こうとしてふと鏡見たらカッコいい衣装+かわいいスリッパ履いてる自分の姿が映って「なんだこりゃ、かわいい笑」ってなってるパターンも考えられるよね。「これがギャップ萌えか~」とか言ってる。分かる。ギャップ萌。

 

・「キャラじゃないだろ」って言われる笑

これはメンバー間の仲の良さが微笑ましいのと同時に、ちょっとエモさを感じてしまった。数年前だったら「キャラじゃない」ことをするのはそれこそシゲの自意識が邪魔してたであろうし、一度言われたらもうやらなかったと思う。

でもそれを「いいじゃん!好きなんだもん、やりたいんだもん」で笑って押し通すシゲの、しなやかな強さよ!自信よ!そういうことを身に付けてくれて本当に良かったなぁ。いいことだなぁ。

シゲがひとつひとつを抱え込まなくなって笑い飛ばすようになったから、たぶんほかのメンバーも話題ふりやすくなっただろうし、いい方向性だと思うんだな。

シゲは自分に出来ることを探すときに結構キャラ付けを気にしてるように見えたし(模索してた)、だからキャラじゃないっていわれたらひっこめてたと思うんだよ。こういうのは小山かまっすーの担当だったな、って。でも今は違うんだよなぁ。キャラ付と同時に「ギャップが大事」って気付いたのと、さらけ出すことをするようになったことと。

「キャラじゃない」って言われたシゲはなんて返したのかな~。「いいだろ笑」「履いてみる?」「かわいいんだもん」なんて返してても良いんだけどなんて返したか教えて!(フォントサイズ100)

キャラクターものだから難しいだろうけどこのスリッパとこのくだりカルテットのライブブルーレイに収録して欲しい;;;;金なら出す

 

シゲのかわいさが爆発するとともに、変化を読み取れる良記事でした◎◎◎

4/30 NEWS マリンメッセMC

この日の福岡は夏日。

小山:今日シゲと一緒に会場入りしたんだけど、街中に結構パーカー着てる人いたね〜。双子コーデの子も見かけた。暑くないの?!今日夏日だよ。まあ倒れたらシゲがかけつけますから

シゲ:おれも倒れてるかもしれない

 

小山:気象予報士とった岸本くんってJr.が、コンサート前にメールで天気予報教えてくれるの笑 「小山くん明日は晴れです」とか笑

手越:けいちゃんには木原っちがいるじゃん

小山:木原っちっておれでも呼んだことないぞ

 

木原さんがオリラジのPerfectHumanの真似をしている回を見逃したことがショックなてごちゃん

手越:俺、エブリまいっかい観てるのよ。その日だけ見れなかった~><ヒゲ脱毛行ってた。10回目の痛みに耐えてた

シゲ:その裏事情は言わなくていいんじゃない?!

小山:ダビングしようか?

手越:やったー!お願い!

小山:俺のところもいる?

手越:木原さんのところだけでいい!

小山:俺も見ろよ!

 

24時間の話

小山:24時間テレビも決まりまして。

増田:初めてオールするって人もいるんじゃない?!

とにかくファンのオールバージン奪うことに興味津々な増田

手越:24時間テレビって、障碍者のかたを出して涙涙っていうイメージがすごい強いけど、俺らはもう、とにかく楽しい番組を作り上げたいと思ってる!

力強い

 

レギュラーの話。ニュースな2人はやってない。

小山:ニュースな2人はやってないのかな?まあ、何らかの方法で見て頂いて…!

手越:ニュースな2人は日テレ?

コヤシゲ:てぃーびーえす!!(息ピッタリ)

シゲ:さては観てないな?!

小山:観てないの?!

やんややんや絡むコヤシゲを止める増田

増田:おい、手越に限って見てるわけないだろ!

シゲ:それフォローになってない笑

手越:TBSは福岡だと何BSなの?

シゲ:決まってないんじゃない?番組ごとにテレビ局が買い取ったりしてるから。

小山:昨日シゲと部屋で2人で飲んでてテレビ見てたんだけど、

福岡ローカルを観た話してた。

 

福岡で変ラボは周遅れ?で放送

小山:どこまでやってるの?

シゲ:シゲは?シゲの回はもう放送された?

小山:俺シゲが自分のことシゲっていうのやだ。辞めない?

シゲ:そう?

シゲがへこたれない強さを持っていて良かった~~~~~~~~;;

小山:いやじゃない?けいちゃんはね、とかいう?

\かわいい~/

小山:ゆうやはね(首かしげる)、とか言う?言ってみて。

手越:……ゆうやはね、

コヤマス:かわいい~~!!(ゆうやに近づく)

小山:ゆうやかわいいね~~シャツむすんじゃったのお?!(衣装で腰にシャツむすんでる)

シゲ:それずっと言ってるよね、なんだっけ?www(衣装で腰にシャツむすんでることを忘れてる)

 

小山:まあ、シゲのシゲ呼びは100歩譲っていいよ、許すよ。

増田:あのさwスタッフさんに呼ばれるときさ、「小山さーんお願いします、増田さんこちらで、手越さんそちらで。シゲはね」って、言われてるよねw距離詰められてるw

シゲ:そうなの。だから俺も距離を詰めていこうと思って。

だから自分のことシゲ呼びするらしい。

増田:シゲかたかなに改名したじゃん、もうシゲ、に改名したらいいよ。「小山慶一郎、増田貴久、手越祐也、シゲ、」って。

 

 

小山:まっすーも言ってよ、たかひさはね、って

まっすー:俺小さいころ自分のこと「たたった」って言ってた。たかひさ、って言えなくて。「ますだたたったです!」って。

さりげなく貴久呼びから逃れようとする増田。

 

 小山:俺は「けーちろう」って言われる。い、を発音されない。

増田:えっ!けいいちろう、なの?!アルファベットのKじゃないの?

小山:なんでだよ(笑) あと慶の字はぐちゃぐちゃになったりね。

手越:俺もゆうやっていう字は間違われる!点があったり、なかったり

シゲ:右側を谷って書かれたりね(ほんとは右)

増田:名前間違いと言えば俺こないだ領収書もらうとき「増える田で増田です」って言ったら「フェルタム増田」って書かれたwww

手越:……もっとリアクションしようかと思ったんだけど、もうその話聞くの5回目だから全然リアクションできなかった。

小山:えってことはあの変ラボのも全然驚いてないんだ?

手越:ば!か!あれちょーびっくりするよ!!

増田:手越、わっ!!!!

手越:わああ!!!(ちょっと驚いてた)

 

小山:会報に載せる写真をここで撮りたいと思います〜

シゲ:化粧直ししろよ!

小山:化粧直しってw

鏡で髪の毛チェックするまっすー

小山:こっちの方の人(スタンドの端)は確実に写りませんが、気持ちは一つに!

増田:写るか写らないかじゃないんだよ、問題は居るか居ないかだから。……いまのなし!写るっていう気持ちが大事なんだよ

 

だれかが「じゃあ『かいほうー』って言おう」と言い出し、ほかのメンバーと会場がざわつくw

てごちゃんが慶ちゃんのほっぺたむにってしたの可愛かった(「う」の口)

 

手越:みんな会報来るってことはファンクラブ入ってるんだよね!カード持ってるんだ!あの名前がキラキラしてるカード。

増田:俺らもファンクラブの会員番号持ってるから。

手越:俺1番

小山:俺4番

増田:俺とシゲ……どっちかが2と3だね。1~4はニウスだから。

お客さんが番号を教えてくれた。

小山:不安になってきた。俺4であってる?

\あってるー/

 

会員証どうしてるの?話

増田:財布に入れとく1軍のカードってあるじゃん。そうじゃないカードを入れとく箱があって、

シゲ:会員証1軍じゃないんだ

増田:持ち歩いて傷つくのいやじゃん?その1軍じゃないカード入れ箱の上にポンって置いてある

シゲ:俺どこにあるかなーマイマザーが管理してくれてるかも

↑1軍じゃないこと突っ込んでおきながらこの言いざますごくシゲっぽい 

 

小山:会報はね、7月中旬に届きますんで。

増田:そのころには俺とシゲも1歳年取ってるね

とにかくシゲと誕生日近いアピールが多い増田

誕生日と言えば慶ちゃん(前日) 

シゲ:31歳最後の抱負とかないの?

小山:ほ、ほうふ……?!

メンバーかお客さんかだれかが、「キス顔ー」とリクエスト

小山:わかった!みんな俺にキスして

 そっちーーーーーーwww

手越:じゃあ俺口にするよ?!

増田:俺目ん玉舐めるわ

性癖ーーーーーー?!

小山:待ってそれはやばい笑

シゲ:手越3人代表してやれよ

手越:やだよ!なんでおれが思いを唇に込めなきゃいけないんだ!!

 

小山:でも明日もメンバーで会えるから(少プレの撮影)楽しみにしてますよ

増田:4/30の次5月1日って早いよね。4/39ぐらいまであるかと思ってたよ。5月早いよ。

シゲ:そうそう。

小山:まあ、そうは言っても、優しいんですよ!

肩をすくめるテゴマスシゲ

小山:まっすーもシゲもおめでとうメールくれるし、手越は日付変わるギリギリにメールくれるんですよ。ドエスですよ。

ちょっと照れ笑いしてるテゴマスシゲ

 

小山:じゃあみんなキスよろしくね!このあとのコンサート中のどこかで!

シゲ:小山の抱負じゃねーじゃん

小山:でもニーズあるでしょ

わかってる

 

今日はニュースの楽曲プロデューサーのカワハラさんが誕生日

メンバー\カワハラおめでとう~!/

小山:チャンカパーナからニュースの全部の曲をプロデュースしてくださってるんです。

ファン\おめでとう~/

小山:今、イヤモニで「ありがとう」って言ってた笑

 

ちゅーに関しては、結局、私は見られなかったんだけど(座って水を飲むまっすーガン見してたから)、まず手越から慶ちゃんにほほちゅー、次にシゲから。

小山:手越とシゲは、してくれた♪まっすーこのあと待ってるよ♪

次の曲?ぐらいで、正面から見つめ合うコヤマス。のうしろ、小山を後ろから支えるシゲ。なんで?www

結局まっすーから慶ちゃんへのほほちゅーはなかったんだけど、慶ちゃんからの流れるようなほほちゅーでしたとさ。

 

最後の挨拶部分にて

シゲ:慶ちゃんおめでとう~!!

ファン\けいちゃんおめでとう~!!/