読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロマンはどこだ?

そのとき思ったことをなかったことにしないために

夢を叶えるということ(つよぽんとシゲと中居くんの話)

Oggiの連載でつよぽんが、ジャニウェブの連載でシゲが「夢を叶えること」についてつづっていた。 Oggiのつよぽんは「それじゃまた」の 信じてると 夢はかなう それは あやしい という歌詞について触れていて、 すべては信じることから始まるけれど、信じるだ…

カッコいいから君が好き

こんにちはシゲ担です。 お題で「○○担になってあったいいこと」というのがあったので、書いてみたいと思って考えてたのですがあんまりうまいことまとまらなかったのでお題として投稿するのは見送りました。うーん。 「シゲからの影響」を考えてたんだけど、…

六本目の指(シゲ主演24時間テレビの原作を読んだ)

今年の24時間テレビの原作を読みました。 光を失って心が見えた 全盲先生のメッセージ (ノンフィクション知られざる世界) 作者: 新井淑則 出版社/メーカー: 金の星社 発売日: 2015/11/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ノンフィクションとい…

必要だった時間と、待てなかった人 (2016/06/15 少年倶楽部プレミアム)

少年倶楽部プレミアムに、関ジャニ∞が出ることが分かったのは先月のこと。 4月に出演したジャンプは選抜メンバーだったため、エイトも3~4人出演では?とささやかれ、とある一定数のファンが気にしていたのは、「亮ちゃんが出るのかどうか」ということ。 …

NEWSに歌ってほしいポルノグラフィティの曲たち

先月にブームになっていたポルノ×NEWSについて記事が書きたくて、持っている音源一通り聞いて確認してた。そしたらもう月が変わってしまったしニュースのツアーも終わってしまった。笑 先駆者様たちはこちら。 penguinkawaii.hatenablog.com imoko0706.haten…

シゲの足もとから頭のてっぺんまで可愛い話('16/6 duet)

duetのインタビュー記事で語られた、 「小山から「最近シゲの好きなキャラクターのスリッパ、いる?」とメールが来たので「いる!」と答えて、スリッパもらった。ツアー中の楽屋で履いてる。自分の足元見て「かわいい~」って言ってると、メンバーに「キャラ…

4/30 NEWS マリンメッセMC

この日の福岡は夏日。 小山:今日シゲと一緒に会場入りしたんだけど、街中に結構パーカー着てる人いたね〜。双子コーデの子も見かけた。暑くないの?!今日夏日だよ。まあ倒れたらシゲがかけつけますから シゲ:おれも倒れてるかもしれない 小山:気象予報士と…

4/10 NEWS エコパMC

おねむな小山と元気なテゴシゲ 小山:みんな元気だね〜!でも俺も元気なの。昨日11時間寝たから 手越:そうだよね、昨日ニュースみんなでご飯行ったのに来なかったもんな! 小山:東京よりよく寝れた。昨日1時ごろ1回目が覚めたのあなたたち(手越とシゲ)すご…

『Endless SHOCK』を初観劇して映画版ピングレを想った話

一度は観てみたかったSHOCKを、友達にチケット取ってもらって観てきました! www.tohostage.com ストーリーを全然知らなくって驚いたツイートがこちら 友達がチケット取ってくれてSHOCKを初めて見たんだけど、○○○○○○ということがとても衝撃的だった(全然知ら…

原作の大ファンではない人が見た映画『ピンクとグレー』について

お正月の嵐の番組で大野くん、長野くん、シゲ、伊野尾ちゃんでかまくらの中で料理を食べるというウルトラハッピーな企画があったが、その番組を一緒に観ていた妹と母親がシゲの小説に興味を持ってくれた。 嵐って、テレビって、すごい。大感謝……圧倒的感謝………

ピングレ感想記事のメモ

前回のブログを書き終えて、ようやっとほかの人のブログを読みに行ける~と思いつつ、あんまり探せていない状況なんですけども。 みんな、感想はどこかにあるという感想専用の掲示板で書いてるのかな。 メモがてら読んだブログ記事を。 私の書いたこと、思っ…

ピンクとグレー(映画)

pinktogray.com シゲが書いた文字がシゲの大好きな『映画』という媒体になって話題になって広がっていくことを数年前に誰が予想出来ただろうか。その事実だけで胸がいっぱいだ。 とはいえ、よ。とはいえ、原作と作家の大ファンからしてみれば、わりと驚く演…

閃光スクランブル(角川文庫)

閃光スクランブル (角川文庫) 作者: 加藤シゲアキ 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2015/11/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 言わずと知れたシゲアキ先生2作目の作品、の文庫化。 「それは恋とか愛とかの類じゃなくて」は…

パソコンにLiarが入ってない

11月30日から12月11日まで仕事が大炎上して、労働時間もまあそこそこ多かったんだけどなにより精神的に混乱してほんとに仕事を辞めたくなった。ちなみに私はのど元過ぎると簡単に熱さを忘れるタイプなので先週の真ん中ぐらいからまあまだ仕事続けてこうとい…

スタンスとしてのモンペ

自分のことをモンペというジャニヲタがここ数年がくっと増えましたね。私もその一人。「モンペ」という言葉がファンのスタンスとして使われるようになって、自称するようになったら、私はファンとしての立ち位置がすごく楽になったなぁと思います。 私のシゲ…

上半期現場まとめ

本日の歌番組で無事ジャニヲタが年を越せました(カウコンなみのすばらしいグループシャッフルメドレーだった)ので、昨年のことをまとめようと思います。 2015年度上半期現場。 1月 なし 2月 なし とはいえ、1月にはMr.Whiteツアー申込の打ち合わせを友達と…

シゲアキが恋多き男なのではないかという妄想について

今月のWUで「恋に溺れることに憧れるか?」という質問に対して、他3人が「たぶんそうなる!」「あこがれる!」と答えているのに対し「今は恋をする余裕がないから。好きかもって思ってもその気持ちに水をあげないでおいて、枯れたあとで『そんなに好きじゃ…

NEWS LIVETOUR 2015 White 4/5 仙台 挨拶、MCなど

途中までちょーーー頑張って書いたのに、だんだん忘れてきたので最後のほう適当なんですけど、せっかく書いたので中途半端ですけどブログアップします…… 鉄は熱いうちに打たないとだな。

NEWS LIVETOUR 2015 White 4/4 仙台 MC

仙台は名古屋と演出がちょいちょい変わってたね。改善されてると思った! 曲の話はしてません。まとめてそのうち書きたいなー。 5日の記憶と混ざっているが、覚えている限りのメモ。 これ、↓の折り畳んでるところ書き終わってからMCのとぅぎゃった観てたら…

シゲとあの人とあの曲とあの曲

とうとつに山下くんの話蒸し返すけどにゅーすのことは心の中の大切な場所にしまわれていないで、心のやらかい場所を締め付けていてほしい(夜空ノムコウ風)— で∵に∵う (@deniu_fabc) March 23, 2015 山下くんのことそんなにすごく嫌いでもないし(FCに入…

『インターセプト』加藤シゲアキ

小説 野性時代 第136号 (新野性時代)作者: 角川書店編集部出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2015/02/12メディア: ムックこの商品を含むブログ (1件) を見るあれのことをあれに例える(大事なとこなのでぼかしてお届け)ところがすごくすごくシゲら…

『フレンド-今夜此処での一と殷盛り-』 @東京グローブ座 9/28 夜

感想あげないまま2週間経っちゃったので、ほんとはストーリーとかちゃんと書いておこうと思ったんだけど諦めます!https://twitter.com/deniu_fabc/status/516215804094717952:twitter https://twitter.com/deniu_fabc/status/516216167367602176:twitter h…

『中の人』@グローブ座 4/25

シゲちゃんの久しぶりの舞台。初日に行ってきました。 もうほんとに最初から最後までシゲがかわいくて、かっこよくて、シゲの魅力がいっぱいでした。 ああいう役がとても似合うな、と。 あんなにイケメンなのに、どうしてか、そこらへんにいそうな等身大の青…

Burn.‐バーン‐

Burn.‐バーン‐ (単行本)作者: 加藤シゲアキ出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2014/03/21メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る大変遅くなりましたけど、加藤シゲアキ3作目、Burnの感想を。 読み終わったのは、テゴマス横アリ日曜に…

ジャニーズ楽曲大賞2013投票

http://j-m-a.info/今年も投票しましたジャニーズ楽曲大賞。楽曲部門1位:「4+FAN」 NEWS ハイテンポでテンションがあがるのに、ときたま出てくる「待っててくれたんだね」などの単語で胸がぎゅっとなる、楽しさと切なさが同居する曲。はしゃぎながら泣ける…

東京Dから1か月

1か月か。 最近時間の感覚がマヒしているようで、1ヶ月という時間をどうとらえればいいのかが分からなくなっております。 「もう1か月」 「まだ1か月」 どっちなんでしょうね?私は、「まだ1ヶ月か!」と思いました。 なんかもうしばらくNEWSのグループ…

いまさらストフルをまとめかけたものをアップするよって話

1回目観に行って、衝撃で、2回目も観に行ってしまったストレンジ・フルーツ。2回見たらやっぱり分かることも多くてそれを細かく書いていたのだけど、もうらちが明かないのとだいぶ記憶が薄れてしまっているので、中途半端ですがブログにあげて打ち止めに…

ハッピーバースデー

シゲちゃん26歳おめでとう!束の間の同い年だね!^^25歳は、シゲ担になってからは1番会った歳じゃないかな?!握手までしちゃったしね?! それにしても25歳はよく泣いていましたね。ほんとにほんとに、お疲れ様でした。私もなんどもらい泣きしたことか。…

『ストレンジ・フルーツ』5/19 13:00〜

http://www.strange-fruits.jp/ 増田くんの舞台『ストレンジ・フルーツ』を観に行ってきました。 黒増とか、増担が担降りしているという都市伝説やら聞いていたのでいったいどんなお話かと思っていましたが、とても好きな部類のお話だった……!まっすーのいう…

『閃光スクランブル』加藤シゲアキ

閃光スクランブル作者: 加藤シゲアキ出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2013/02/26メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 40回この商品を含むブログ (23件) を見るシゲちゃん2作目。まだサインとか動画は見てないので、早いうち…

ジャニーズ楽曲大賞2012

ジャニーズ楽曲大賞2014 Sometimes (TOKIO) TOKIOの魅力はコンサートだと思っていますが、この曲はまさにコンサートでこそ真価を発揮する曲です。 いろんな楽器の音が幾重にも重なる中、それを突き破るように力強く全身全霊で歌う長瀬の声、歌い方がとても印…

2012-13 ジャニーズカウントダウンコンサート

始まる前に、山下くんも出演する、みたいなツイートが流れまして。 なんのソースも調べず、「ソースないですけど、ほんとかね〜」みたいなツイートをしました。ほんとだった。私はそのとき双眼鏡でずっとニウスを見てたら、視界のはしのスクリーンに「山下智…

愛の形は様々なので

ファンキーモンキーベイビーズ解散のお知らせの中で やはりDJケミカルのいないFUNKY MONKEY BABYSはFUNKY MONKEY BABYSではないという結論に達しました。 という一文がありまして、なるほどなぁ、と思いました。 ニウス秩父宮で、慶ちゃんが「解散したほうが…

君の涙の理由を勝手に考えてみた

美しい恋ツアーも終わり、新曲の発表もあり、浮足立った足がまだとまらない今日この頃。 ニウスの涙のわけを最近はいろいろと考えています。なんであんなに泣いたんだろう、なにが彼らをそんなに泣かせたんだろう。 「なにが」っていうのがちょっと気になっ…

NEWS LIVE TOUR 2012 〜美しい恋にするよ〜 8/19 福岡マリンメッセ

レポを書かないままもう新潟(行ってない)が終わってしまいあっという間に仙台が…! ということで、ツイッターに残したものをコピペしてまとめます。手抜き。福岡は、秩父宮がなみだなみだのコンサートだとしたらほんとに笑顔笑顔でしたね。にこにこしてて…

NEWS LIVE TOUR 2012 〜美しい恋にするよ〜 8/14秩父宮ラグビー場

NEWSコン初日。 コンサートでこんな泣いたことない、ってぐらいに、泣きました。 慶ちゃんも言ってたけど、ほんとに、嬉し泣き。いっぱい笑っていっぱい泣いて、でいっぱい笑った。ほんとにほんとに幸せな空間だった。 一緒に入った友達も号泣するタイプだっ…

『灰色のカナリア』 6月23日 東京グローブ座

今更ですが、カナリアの感想を、覚えてる範囲で(……)メモ!G2さんってあてがきするかたなんでしたっけ?すごくまっすーらしいまっすーが生き生きとした舞台だったなー! あと松岡くんの存在感というかオーラがやっぱりすごかった。ちょうモテ男!ワイルド!…

あと2週間

8月に入りましたのであと2週間でニウスコンなんですね!実感neeeee のわりに、ニウスコン用!とか言ってサンダルとかタオルとか買ってます笑 長くて待ち遠しかったニウスコンも、いざ間近に迫ってみると実感が沸かないものですね。よくもわるくも。 期待し…

今週のお題「私のアイドル」

NEWS楽曲大賞2003-2012に投票してきました。投票したのはこちら。 楽曲部門1:エンドレス・サマー 楽曲部門2:星をめざして 楽曲部門3:SNOW EXPRESS 楽曲部門4:太陽のナミダ 自担部門:加藤シゲアキ 思い入れというより曲が好きなものを今回は投票しよ…

『ピンクとグレー』

とりあえずパソコンにメモが残っていた、『ピンクとグレー』の感想を投下。こちら以前のブログにも投下しましたので、広いネット界ですがどこかで同じものを読んだかたもいらっしゃるかもわかりません。ピンクとグレー作者: 加藤シゲアキ出版社/メーカー: 角…