ロマンはどこだ?

そのとき思ったことをなかったことにしないために

ピンクとグレー(映画)

pinktogray.com シゲが書いた文字がシゲの大好きな『映画』という媒体になって話題になって広がっていくことを数年前に誰が予想出来ただろうか。その事実だけで胸がいっぱいだ。 とはいえ、よ。とはいえ、原作と作家の大ファンからしてみれば、わりと驚く演…

閃光スクランブル(角川文庫)

閃光スクランブル (角川文庫) 作者: 加藤シゲアキ 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2015/11/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 言わずと知れたシゲアキ先生2作目の作品、の文庫化。 「それは恋とか愛とかの類じゃなくて」は…

ジャニーズ楽曲大賞2015

楽曲部門 1位:「チュムチュム」NEWS 2位:「東京ドライブ」 TOKIO 3位:「SuperSONIC」 NEWS 4位:「White Love Story」 NEWS 5位:「ESCORT」 NEWS 昨年はトキオのシングルが1枚だけだったので結果的にほぼニウス。 MV部門:「チュムチュム」 NEWS 未音源…

カウコンで自分の中のジャニヲタの歴史を再認識した話

カウコン行ってきました。オンエアはまだ見てないんですけどニウスのときだけカメラワークがひどいらしいって聞きました!わーお!観るの怖い! ニウス担とトキオ担としては、オンエア前も含めてどちらも自分たちの曲1曲しか歌わなかったことにびっくりしま…

パソコンにLiarが入ってない

11月30日から12月11日まで仕事が大炎上して、労働時間もまあそこそこ多かったんだけどなにより精神的に混乱してほんとに仕事を辞めたくなった。ちなみに私はのど元過ぎると簡単に熱さを忘れるタイプなので先週の真ん中ぐらいからまあまだ仕事続けてこうとい…

四角いカードを丸く回す

今日我が家にもようやっと太一くんからの結婚報告葉書が届きました。 緑……なんで緑なのかなそういえば?!笑 太一くんご結婚おめでとうございます。ほんとうにほんとうに。 トキオはいつでもずっと変わらない。もちろん私の見えないところで衝突したり解散説…

福山雅治 夏の大創業祭 8/8 日産スタジアム

行ってきました。天気もよくて、暑すぎず、風も吹いていて最高の野外ライブ日和であった。 スタンド席2列目という、ステージから遠すぎず、全体も見渡せる、そして涼しいとても良い席だった。 グッズ列のテントとミストはすごくよいアイディアだと思った◎で…

じゃにをた関係ないけどタブレット買った話

外でブラウザゲームがしたくなってタブレットを買った。 ジャニヲタ的にはタブレット購入と言えば下の記事をみなさん読まれてるのかなと↓ ジャニヲタのための?タブレット購入ガイド - ジャニヲタ見聞録jma.hateblo.jp ただ私は今回ブラウザゲームをするのが…

『あと少し、もう少し』瀬尾まい子

あと少し、もう少し (新潮文庫) 作者: 瀬尾まいこ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/03/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 中学駅伝の話。6区なので6人の選手が登場、それぞれがお互いに少なからず影響しあいながら、関わり合いな…

スタンスとしてのモンペ

自分のことをモンペというジャニヲタがここ数年がくっと増えましたね。私もその一人。「モンペ」という言葉がファンのスタンスとして使われるようになって、自称するようになったら、私はファンとしての立ち位置がすごく楽になったなぁと思います。 私のシゲ…

上半期現場まとめ

本日の歌番組で無事ジャニヲタが年を越せました(カウコンなみのすばらしいグループシャッフルメドレーだった)ので、昨年のことをまとめようと思います。 2015年度上半期現場。 1月 なし 2月 なし とはいえ、1月にはMr.Whiteツアー申込の打ち合わせを友達と…

苦手なもの

ネット上、とくにツイッターでは、嫌いなものをわざわざいう必要なんてほんとにまったくないと常々思うんだけど、なんか書きたくなったので私のどうでもいい嫌いなことについて。 昔からなぜか顔面ケーキ(パイ)をやっているのを見るのがすごい苦手。 ね、…

シゲアキが恋多き男なのではないかという妄想について

今月のWUで「恋に溺れることに憧れるか?」という質問に対して、他3人が「たぶんそうなる!」「あこがれる!」と答えているのに対し「今は恋をする余裕がないから。好きかもって思ってもその気持ちに水をあげないでおいて、枯れたあとで『そんなに好きじゃ…

NEWS LIVETOUR 2015 White 4/5 仙台 挨拶、MCなど

途中までちょーーー頑張って書いたのに、だんだん忘れてきたので最後のほう適当なんですけど、せっかく書いたので中途半端ですけどブログアップします…… 鉄は熱いうちに打たないとだな。

黒木渚 「虎視眈々と淡々と」@東京グローブ座、2015/4/11

黒木渚のワンマンツアーに行くのはなんだかんだ久しぶりだった!気が! 対バンとかインストアとかは行ったけども。 東京グローブ座って舞台を観に行く事が多くてこんなところでコンサート出来るのか?!と思ったけれど、あの縦に長い感じがとても面白いライ…

NEWS LIVETOUR 2015 White 4/4 仙台 MC

仙台は名古屋と演出がちょいちょい変わってたね。改善されてると思った! 曲の話はしてません。まとめてそのうち書きたいなー。 5日の記憶と混ざっているが、覚えている限りのメモ。 これ、↓の折り畳んでるところ書き終わってからMCのとぅぎゃった観てたら…

シゲとあの人とあの曲とあの曲

とうとつに山下くんの話蒸し返すけどにゅーすのことは心の中の大切な場所にしまわれていないで、心のやらかい場所を締め付けていてほしい(夜空ノムコウ風)— で∵に∵う (@deniu_fabc) March 23, 2015 山下くんのことそんなにすごく嫌いでもないし(FCに入…

アウトプット

読んだ本の感想を書くのがへたくそだな、とブログを読み返していて思う。 読んだあとすぐ書かないからというのもあるが、語彙貧困を感じる。その本を読んで感じたことを語るにはその本以外の言葉を使いたいわけで、そうするとそれまでの読書量がものを言って…

4000円の会費の支払いシーズンです

ニウスもツアーに向けて着々と動いていると思いますが、こちらも着々と宿なり交通手段なりチケットなりの準備を進めているところです。 楽しみですね。さてそんな準備のさなか、ふらっとすまぷの会報が届きました。FC会費の振り込め用紙とともに。 それをい…

『コンカツ?』石田衣良

コンカツ? (文春文庫)作者: 石田衣良出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2015/02/06メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見るいやほんとに私の中では「娼年」のゆったりした流れのイメージが強くてさ、石田衣良ってこんな俗っぽいん?!って驚いたね…

『さよなら渓谷』

さよなら渓谷 (新潮文庫)作者: 吉田修一出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2010/11メディア: 文庫 クリック: 12回この商品を含むブログ (37件) を見るこちらも再読。 これはまあ分かって読んでると面白味は半減かもしれないな(笑) でも新たな発見とか、関係性…

『青年のための読書クラブ』桜庭一樹

青年のための読書クラブ (新潮文庫)作者: 桜庭一樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2011/06/26メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 9回この商品を含むブログ (26件) を見る本棚の本読み返そうキャンペーン。 ストーリー分かって読み返していたけれど、私が桜…

『いなくなれ、群青』

いなくなれ、群青 (新潮文庫)作者: 河野裕出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2014/08/28メディア: 文庫この商品を含むブログ (15件) を見る表紙とタイトルとあおりが気になって購入。 ↓でも書いてるけど私にとってはファンタジーって想定していないと読めない…

『夜は短し歩けよ乙女』

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)作者: 森見登美彦出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング発売日: 2008/12/25メディア: 文庫購入: 84人 クリック: 1,493回この商品を含むブログ (709件) を見る本棚の本読み返そうキャンペーン。大学のころから何回か読み…

『性年』石田衣良

本棚の本読み返そうキャンペーン。 娼年の続き、性年。 私は石田衣良さんってこれしか読んだことがなくて、だからほかの小説(今は『コンカツ!』を読んでる)を見たら意外と俗っぽくて驚いた笑 好きになることとか、誰かと触れ合うこと、人がかかわっていく…

『インターセプト』加藤シゲアキ

小説 野性時代 第136号 (新野性時代)作者: 角川書店編集部出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2015/02/12メディア: ムックこの商品を含むブログ (1件) を見るあれのことをあれに例える(大事なとこなのでぼかしてお届け)ところがすごくすごくシゲら…

『百合のリアル』

百合のリアル (星海社新書)作者: 牧村朝子出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/11/26メディア: 新書この商品を含むブログ (10件) を見るすごく読みやすい。対談形式なので。まさかの対談形式だった。タイトルにひかれて買ったので中身見てびっくりしたわ。…

『美人画報ワンダー (講談社文庫)』

美人画報ワンダー (講談社文庫)作者: 安野モヨコ出版社/メーカー: 講談社発売日: 2006/11/16メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 26回この商品を含むブログ (69件) を見るパワフルで読んでいて楽しい! お金を使うことって悪いことじゃないって安心する笑 安…

『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)作者: 桜庭一樹出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング発売日: 2009/02/25メディア: 文庫購入: 31人 クリック: 158回この商品を含むブログ (160件) を見る持ってる本を読み返そう週間…

『晴天の迷いクジラ』

晴天の迷いクジラ (新潮文庫)作者: 窪美澄出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2014/06/27メディア: 文庫この商品を含むブログ (14件) を見る『ふがいない僕は空を見た』が好きだったのでこちらも購入。 が、上記のほうが好みだったなぁ。とくに終わり方が個人的…