読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロマンはどこだ?

そのとき思ったことをなかったことにしないために

『伏 贋作里見八犬伝』

伏―贋作・里見八犬伝 (文春文庫)

伏―贋作・里見八犬伝 (文春文庫)

劇中劇?小説の中に入っているお話はなんていうんでしたっけ。
贋作・里見八犬伝、もすごく面白かったです。

桜庭先生の作品は、大きく、アクション系(ゴシック)と女の子が男に振り回されながらも生きていく話(私の男とか)と私は分けているのですが、これは前者ですね。アクション系。
想像力があまりなくて「これどういう状況……?」というシーンがちょいちょいありましたが(私の問題。こういうお話読んでる人には普通に分かるレベルだと思います)、面白かった!
そうだ、本編がアクション系で、劇中劇のほうが、私の男系ですね。劇中劇のほうが私は好きかなぁ。感情のやりとりをして複雑な人間関係があって、ゆえに理不尽に道を追いやられる感じの。