読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロマンはどこだ?

そのとき思ったことをなかったことにしないために

『晴天の迷いクジラ』

晴天の迷いクジラ (新潮文庫)

晴天の迷いクジラ (新潮文庫)

ふがいない僕は空を見た』が好きだったのでこちらも購入。
が、上記のほうが好みだったなぁ。とくに終わり方が個人的には好きではなく。終わり方というかもはや「オチ」というべき締めくくり方。物語には救いがあってほしいなぁ、たとえ笑えるとしてもね。
でもそれまでの、追い詰められ方はこっちが苦しくなる文章がずっと続いていて息苦しくなった。それはすごかった。
ふがいない僕は〜の解説で「窪さんは登場人物たちを認めるでもなく、ただありのままを受け入れてる」という文章があったけど、まさにそれだった。
いいともわるいとも言わず、ただ、登場人物やその周りの人たちのある種醜い感情を受け入れさせる力のある小説だった。