読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロマンはどこだ?

そのとき思ったことをなかったことにしないために

『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』

持ってる本を読み返そう週間。
桜庭一樹さんが好きです。
桜庭さんが書く少女がかわいくてかっこよくて大好きです。
でも、どんなに大人びていても、受け入れたつもりでも少しだけ間違っていることもあって、それを正してくれる大人がいることにほっとする。


『好きって絶望だよね』
この言葉こそ物語を端的に表しているなぁ、と読み返して気付いた。