読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロマンはどこだ?

そのとき思ったことをなかったことにしないために

『いなくなれ、群青』

いなくなれ、群青 (新潮文庫)

いなくなれ、群青 (新潮文庫)

表紙とタイトルとあおりが気になって購入。
↓でも書いてるけど私にとってはファンタジーって想定していないと読めないんで、読みながら「これはどっちだ?!?!リアルと思っていいのか?!」って本に対してとっちめる気分になっていた。そんなこと気にせずふわっと読んだ方が絶対に楽しい。そう思う。
ある1つの謎が根底にあるせいで、彼らの行動が不可解だったり腑に落ちなかったりで読んでいるときは結末が早く知りたかった。同じことを何度も繰り返したり違う言葉で何回も説明したりしている回りくどさがあるので余計に。
謎が解けると、そうかそうか、と納得できる。腑に落ちる。そこに至るまでの過程を物語、表現として楽しめるかどうかで好き嫌いが別れそうな。
でも考えてみれば筋は取っていて理路整然とはしているんですよね。雰囲気は作っているけれど雰囲気だけで読ませるものではなく。
だからわりと好き、だな。